主婦とカードローンの関係性

主婦とカードローンの関係性

主婦はいろんなカードを日々活用しているのではないかと思います。 ショッピングモールやデパートそしてドラッグストアなど、 各社が発行しているカードをうまく使い分け、それぞれのポイントを上手に貯めることは主婦の得意技と言っても過言ではありません。 いかにカードをうまく活用して最大限の特典を得る為に毎日奮闘しているのです。

そんな主婦が大好きなカードですが、ショッピングに利用することはもちろん、 最近では不況のあおりもありキャッシングやカードローンを利用する人も多くなってきているようです。

一般家庭の主婦はいつもいろいろなシーンに遭遇します。 生活費がぎりぎりだと突然の出費にも対応できませんし、生活費の中にお祝い金や香典を加味している人は少ないのではないでしょうか。 ちょっとした交友関係の香典ならばすぐに用立てすることができても、親戚の葬儀となるとそうは言っていられないものです。 そんな時にサッと借入できるカードローンがあれば、スマートな大人の対応ができますよね。

そして借入する際は返済計画をきちんと立てているかどうかが大事な鍵となってきます。 計画を立てたはいいが、知らない間に借金がどんどん膨らんでいたなんてことが無いようにしていかないといけません。 できるだけ主婦が返せる範囲の小額融資にするなど、よく考えた上でカードローン利用を検討することが大切です。

以前は専業主婦でも審査にさえ通ればカードローンを利用できていた時代がありました。 しかし2010年に総量規制と言う法律が施行され「お金の貸し借りには支払い能力に応じた一定の制限を設ける」ことに決まったのです。

よって専業主婦は、基本的には収入が無いとみなされカードローンを利用するのであれば、 夫の同意書や家庭の年収を証明する書類を提出しなければならなくなりました。

しかしこの総量規制は、銀行が貸主とされるする銀行カードローンの場合は規制の対象外となります。 つまり専業主婦のでも身分証と家庭の年収を証明する書類があれば、夫の同意書が無くても借りられるという訳です。 ですがそこには、大人としての責任もついてきます。 いつも心に少し余裕を持って、計画的に利用することをオススメします。